新築時におけるフロアコーティングのメリット

subpage01

新築住宅への入居では、フロアコーティングによって多くのメリットを享受できます。


まず、染みになるような汚れがつきにくくなる点が挙げられます。汚れがつきやすい状態であれば、頻繁に掃除をしなければならなくなります。
あらかじめ汚れがつきにくい状態に仕上げておくことで、掃除の回数が少なくなります。



経年劣化による消耗などを抑制する効果もあります。
新築であっても、長い年月が経過することで住宅の様々な箇所が劣化します。


フロアコーティングを行うことで、これらの消耗や劣化から守ることができます。

子供が玩具などを使ったときにつくキズからフローリングを守る効果もあります。


幼い子供のいる家庭であれば、フローリングにキズがつきやすくなります。
このような事態への対策としても、フロアコーティングは有効です。


何もしていないフローリングでは、人が歩いたときに滑る可能性があります。
フロアコーティングを行えば、フローリングが滑りにくくなるメリットもあります。

フローリングに美しいツヤ感を出することができ、質感も高まります。素敵な見た目になることから、良い気分で毎日を過ごせます。



更に、耐久年数の長い施工であれば、二十年程度フローリングを保護してくれます。



そのため、フロアコーティングにより住宅の資産価値を守ることにもつなげられます。

施工を行う際の主な塗料の種類としては、油性と水性があります。


現在では、人の身体に配慮している水性塗料を使用するのが一般的です。