フロアコーティングのメリットと注意点

subpage01

フロアコーティングは、コーティング剤を用いて床材を保護するというもので、通常のワックスと違って耐久性や耐水性にとても優れているという特徴があります。


フロアコーティングのメリットとしては、まず「掃除が簡単にできる」ということが挙げられます。


耐水性があるため水拭きをしても問題ありませんし、薬品や熱湯にも強いため、それらを原因とした劣化によるメンテナンスの心配をする必要もありません。また、ペットを部屋で飼っている場合でも、「犬や猫のアンモニアをはじく」ことが可能なため、水拭きするだけでキレイにすることができます。次のメリットは、「効果が長持ちする」ということが挙げられます。

最低でも10年は持つとされていますし、施工会社や塗料の選び方によっては30年以上の保護性能を持たせることができると言われています。
その他のメリットとしては、小さな子供や高齢者にも安心な「転倒防止効果がある」ということや、床面が光を反射するため「部屋が明るくなる」ということ、そして日光による「床面の日焼けを少なくできる」ということが挙げられます。



さらに、ホルムアルデヒド等の有害物質が出ない商品を選べば、「シックハウス症候群などの症状が起こるのを避けられる」と言えるでしょう。



一方で注意点としては、「一度施工をすると再施工が難しくなる」ため、自分のニーズや好みに合ったものをじっくり選ぶ必要があるということが挙げられます。
最近では、塗料の臭いや床面のツヤを抑えるフロアコーティングも出てきているので、興味がある場合は施工会社に相談してみるとよいでしょう。